シェルティーのユキ&凛&MARINとのゆるゆる生活♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
今できること
  
以下のブログを読んでは目を腫らす毎日

   ★NPO法人 動物愛護団体「エンジェルズ」の活動日誌
   http://teamangels.blog89.fc2.com/
   ★里親探し 宮城県の迷子犬・保護犬・保護ねこ 情報
   http://hogokensatooyasagasi.blog96.fc2.com/

こんな状態の子を飼い主さんはどんな思いで置いていかれたのでしょう

   やはりみんな、おうちの庭で飼い主の帰りを待っているのです。
   すべての子達は、リードから放されています。
   どこにも行きません。
   ずっとずっと飼い主さんの帰りを待ち続けています。



どうにかして救ってあげたい!
今は公平配分のため未だに被災者に渡らない義援金より
被災動物救済の近道は現地で活動されているボランティア団体への
義捐金支援物資送付ではないかと考えを改めた。

こちらで嘆願を呼びかけています。
★『犬猫救済の輪』動物愛護活動ドキュメンタリー
http://banbihouse.blog69.fc2.com/#


本日、以下の内容で5箇所へ嘆願送付しました。
 
【嘆願】被災地の動物救済

新潟地震の時は山古志村全ての家畜をヘリ400回飛ばして移動させました。
チェルノブイリ原発事故では多くの牛や豚車両で移動させたそうです。
今までにもできたはずとタレントのみのもんたさんが朝の番組で非難していました。
家畜の移動先としては北海道の休牧地がたくさんあると言っていました。
現政権はなぜできないのか、過去の例からもできるはずです。
命ある動物を救済するのは当たり前のことです。
人命も大切です。
でも、家庭犬で育った犬や猫が一人で生きていけません。
被災に遭われ、心に傷を持った人達から愛するペットを引き離す事が、どんなに苦しい事か…

環境副大臣が「連れ出しは(住民の一時帰宅と)同時になるか少し後になるのか、
順調に進むよう調整したい。命に関わることなので早めにやりたい」と話した。
とのことですが、それはフードや水が十分に与えられている環境で言える話であって、
すでに何もない状況におかれてやっと生きている命に対して、
まったく理解されていない発言です。
一時帰宅で飼い主にどんな動物の姿を見せようというのか。
すべての子達は、リードから放されています。
どこにも行きません。
やはりみんな、おうちの庭で飼い主の帰りを待っているのです。
ずっとずっと飼い主さんの帰りを待ち続けています。

一時帰宅後の自衛隊以外の人間の立ち入りはできなくなると聞いています。
民間のボランティア団体も並々ならぬ活動をされていますが、法を犯してまで
レスキューは活動は出来ません。

切にお願い申し上げます。
警戒区域への住民一時帰宅時にペット等動物を保護し圏外へ救出できるよう、
車両を出して下さるようお願いいたします。
家畜も積極的に受け入れ場所を探し移動して下さい。


以上

嘆願先
  首相官邸
  https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html
  環境省
  https://www.env.go.jp/moemail/
  農林水産省
  https://www.contact.maff.go.jp/voice/sogo.html
  防衛省・自衛隊
  https://sec.mod.go.jp/mod/goikenshinsei/goikenbako/index.html
  原子力安全・保安院
  https://wwws.meti.go.jp/nisa/index.html


首相官邸、環境省、農林水産省、原子力安全保安院、各自治体、市町村議員、
自衛隊災害時救援動物本部、等考えられるところに訴えて下さい。

スポンサーサイト

別窓 | レスキュー | コメント:0 |
<<声が届きました!! | 3シェルズ☆ぼちぼち日記 | 発送完了とお礼>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| 3シェルズ☆ぼちぼち日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。